二百余年の伝統を受け継ぐ古式製法

醤油(しょうゆ)とは常に日本人の食卓に身近にありながら、その存在を重要視することはまれである。しかしこの現代でも醤油(しょうゆ)に心をかけ、納得できる醤油(しょうゆ)にまで育てる職人が丸中醤油に居ります。丸中醤油は弐百年の伝統を受け継ぐこだわり製法、蔵人は五感をすませゆっくりじっくり醤油(しょうゆ)育てをいたしております。